コンテンツへスキップ

私のコンプレックスは、女性なのに鼻の下のムダ毛が人よりも明らかに濃いことです。

鼻の下のムダ毛は伸びるのも早いですし、量も多く、一本一本の毛も濃くはっきりした黒色です。

私がこのコンプレックスを持つようになったのは小学生の頃でした。
当時私は、毎月父と一緒に床屋に通っており、毎回顔剃りもしてもらっていました。

その時、床屋の店主のおじさんに言われた言葉があります。
「女の子なのにヒゲが濃いねぇお嬢ちゃん!」

おじさんは、笑いながら言っていましたし、一切の悪気はなかったのでしょうが、すでに女性としての自意識が芽生えていた小学5年の私には、辛い一言でした。

それ以来、自分の鼻の下が気になりだし、見れば見るほどに鼻の下だけが黒くなっているように思い、自分でカミソリを買ってきて、ムダ毛の処理をするようになりました。

ですから、小学校5年生から、鼻の下のムダ毛の処理を毎日のように繰り返した私の肌は、高校生になった頃には荒れてボロボロになっていました。

そうなるとますます気になってしまいました。
カミソリだけでなく、ムダ毛が薄くなるローションも色々と試してみましたが、効果を感じるものには出会うことができませんでした。

それまでカミソリで剃っていた鼻の下のムダ毛を、毛抜きで一本づつ抜くようになったのは大学に入った頃でした。
一本一本抜いていくのは、非常に時間がかかる作業でしたが、その頃はなぜかムダ毛が伸びるスピードがさらに早くなってしまい、抜くと少しだけ伸びてくるまでに時間がかかることがわかったため、これを続けることでムダ毛が薄くなることを祈りながら、痛みに耐えて丁寧に抜いていました。

このセルフ脱毛の痛みですが、不思議なことに続けていると痛みを感じなくなりました。
作業になれることで時間も短縮され、毛抜きでの脱毛は苦ではなくなりました。

ですが、ある時、脱毛サロンで鼻の下のムダ毛の脱毛もできることを知りました。

少しの迷いもなく、すぐに施術を受けることにしました。
それは私がずっとやりたかったことだったので、本当に嬉しく夢が叶ったかのような気分でした。

実際、完全に生えてこないわけではないのですが、それ以来、毛抜きでのセルフ脱毛は全くしておりません。
たまに自分でカミソリを使って剃り、時間がある時にはサロンに行っています。

コンプレックスは完全にはなくなりませんか、うまく解決の方向へ進めていると感じています。

お金もあるところによっていくと思いますが、どこに貯まっているのかな。お金があれば幸せになるというのも信じないけど、なかなか、お金が出ていくばかりで入ってくるのも少ないとき、多いとき、ムラがあって蜘蛛の子散らしたように右から左へ流れていきます。

支払いの悪いお客さんもいたり、はたまた、とばれたり。人間不信になりそうです。つけが溜まっていてすずめの涙で少しずつ返金されたりなんなら払ってくれなくて来月にお願いします。

とかいってお客さんも連絡もよこさなかったりで商売していてもボランティア活動かなと思ったりすることがたまにあります。安くあげてくださいと言われ材料費もこちらが安く仕入れて取り付けて1日フル活動して安くあげても材料費も払ってもらえなくて。わずかな金額を稼ぐのに1日フル活動で。クタクタになります。

商売をされてる方は大変だと思います。バタバタ貧乏って言葉がありますが。本当にこういう事を言っているのだなとしみじみ感じています。増税もやってくるので。

政治家さんたちは、議員年金もまた、復活したわけで、不倫だの。北朝鮮だの。なんだか平和で羨ましいな。お金に愛される人。お金が寄ってくる人。いろいろな啓発本を読みまくって感じた事。

金払いの悪いお客さんはフェイドアウト。金額より、こっちのメンタルがやられてしまうから。表面上お客さんだけど。後払いをお断りする。美味しい話は信じない。

大切なお客さんを重点的に大切にする。生活費はなんとなく使わない。10000円崩したらいつの間にかあっという間に3000円くらいになっていて材料費も食費も財布が一緒なわけで。管理ができていないのです。

入金があっても材料費は、こちらが負担していても不思議なものですごく儲かったみたいに感じてしまう。材料費が高くついただけなのに。貯蓄も毎月できてなくて、先に貯金か、後に貯金か。月末はだいたいお金は余っていないから、先に貯金した方が良いみたいです。

男を作って出ていった元嫁さん。養育を下げてほしいです。離婚するつもりで浮気調査をしたわけじゃなかったんですけどね・・・妻とは10年前に離婚しました。優秀な探偵さんに証拠をもらった時はショックでしたね( ̄▽ ̄;)

石川県金沢市で不倫・浮気調査※探偵事務所の料金や依頼方法は?

 

運動不足のせいで代謝が落ちたのかすっかり太りやすくなってしまいました。食生活はほとんど変わっていないのに、運動といえば家から駐車場までの5分の徒歩と歩道橋を一本渡る程度だったので当然といえば当然でした。

衣替えの時、そういえば去年こんなの買ったなあと発見したスキニーパンツ。試しに履いてみると、前が閉められない…。これは痩せなくちゃなあと遅ればせながら決意しました。

とにかく代謝をあげることを目標に、まず第一に一日30分以上のウォーキング。さらに、パンツが履けなかったことから腰や背中、太ももなどが気になったので、スクワットをすることに。

ひと月も続けると、もう少し負荷があってもいいかなあと感じるようになりました。しかし、翌日も朝早く起きて仕事に行くので、寝る時間も確保しなければいけません。

そこでわたしの編み出した方法は、「デブ猫ダイエット」でした。我が家の愛猫は3歳の去勢済みオス猫。去勢後の猫は太りやすいから気をつけてあげてくださいと聞いていたにもかかわらず、家族が甘やかすので体重は7キロにもなっていました。

この猫、抱き上げると肩の上によじ登るクセのある子なので、その状態でゆっくりスクワットしてみると…キ、キツイ…。回数は減らし、かわりに猫を乗せて一回一回に時間をかけるようにしてスクワットを続けました。

結果、そのシーズンは間に合いませんでしたが、よくシーズンにはきっちり元のパンツを履けるようになっていました。迷惑だっただろうに付き合ってくれた猫にはただただ感謝です。

ただ心残りといえば、あの子もダイエットさせなくちゃいけないことだけ…わたしも一緒におやつを抜いて、いっぱい遊ばせています。

痩せてからもっとキレイになりたいと思ったので、最近では脱毛に通ってみようとも思っています。今は藤沢駅近くの会社に勤めているので、藤沢市の脱毛サロン・医療クリニックの口コミをチェックして決めたいと思います。